メニューをとばして本文を読む

お問い合わせ

 1996年1月に沖縄で初めての視覚障がい者マラソン大会が開催されました。この年の12月、「第2回視覚障がい者マラソン大会出場のため、事前に練習をしたい」という3人の視覚障がい者を、沖縄県庁職員健走会が定例の日曜練習会で受け入れました。これが、沖縄の組織的な伴走の始まりです。

 

 視覚障がいランナー(以下、ロープランナー)と走り始めて1年後、1997年12月の第13回NAHAマラソンでは、4組の伴走チームがフルマラソンに初挑戦し、川田(かわた)チームと狩俣(かりまた)チームの2組が見事に完走しました。彼らにとっては、夢のまた夢のフルマラソン完走でした。

 

 ロープランナーは増え続け、伴走者不足を解消するため、1995年5月に「沖縄伴走ランナーネットワーク(以下、伴ネット)」が発足しました。伴ネットは、ロープランナーの練習機会の確保と会員の様々な負担軽減のため、①週2回の定例練習を実施、②伴走ボランティア育成講習会の開催、③マラソン大会における伴走者の参加料免除の働きかけを柱として活動しました。伴ネットが発足して1年後、ロープランナーの皆さんも独立した組織の「沖縄ロープランナーズ」を発足させました。現在、伴ネットとロープランナーズは別組織でありながら、車の両輪のように活動はいつもいっしょで、和気あいあいとランニングを楽しんでいます。

 

 2007年2月には石垣島の支部組織として「伴ネットやいま」が立ち上がりました。現在、支部会員約40名を数えるまでに発展し、本部に見劣りがしない活発な活動を展開しています。
 会が発足後は、県外伴走仲間との交流も活発で、毎年、NAHAマラソンと石垣島マラソンでは全国の仲間をお迎えして「全国伴走仲間交流集会」を開催しています。

 
 
 

掲示板沖縄伴ネット NAHAマラソン完走マニュアル 沖縄伴ランナーネットワーク

 
本文に戻る